映画・テレビ

2019年4月12日 (金)

バレエ映画 ホワイト・クロウ

こんにちは ニャジラです❤

バレエ映画をご紹介いたします。

映画 「ホワイト・クロウ  伝説のダンサー」 

「踊りたい。国や家族を棄ててでも -

バレエ界を劇的に生きた男、ルドルフ・ヌレエフの光と影。」

この映画は、旧ソ連からフランスへ亡命したバレエダンサーで振付家のルドルフ・ヌレエフの半生を描いたものです。

☆5/10(金)より東京・TOHOシネマズシャンテ、シネクイント、新宿武蔵野館、他全国でロードショー。

Img_6594

 

リーフレットより抜粋致します。↓

ある日突然、絶対絶命の状況下で迫られた究極の選択- 23歳の青年の決断が、20世紀の芸術史を変えた

1961年。ルドルフ・ヌレエフはキーロフ・バレエ(現マイインスキーバレエ)の一員として、パリ公演のために生まれて初めて祖国ソ連を出た。

傲慢、我儘、反逆児と評される一方で、踊りへの情熱は誰よりも強いルドルフは、異国で得られるものをすべて吸収しようとするが、その行動はKGBに監視され、政府の圧力は強まるばかりだった。6月16日、次の公演地へ向かおうとするルドルフは、突然帰国を命じられる。それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示していた。団員たちが旅立ち、KGBと共に空港に残されたルドルフが、不安と恐怖に襲われる中くだした決断とは- 」

~*。~*。~*。~*。~*。~*。

ヌレエフの、踊れなくなることへの不安と恐怖、バレエへの情熱と勇気、気高さがこの映画でどのように描かれているのか

 

興味深いです。

 

”23歳の青年の決断は、観る者の心を激しく揺さぶり、勇気を与えてくれるに違いない” とのキャッチコピーがあります。

楽しみです。

 

Post cardを2種類、アンシャンテの更衣室に数枚設置しております。ご自由にお持ち帰り下さい🎵  

少ないのでお早目にご確認にいらして下さい。

投稿 ニャジラ(JUNKO)🎶

 

 

 

 

|

2019年3月 9日 (土)

『Girl/ガール』

こんにちはマノンです

 

ちょっと早いですが、今年の7月に公開予定の映画『Girl』

 

本作が長編デビュー作ながら、カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)含む3冠を受賞した、今世界が注目する気鋭の新人監督で、批評家からも絶賛されている映画のようです

その注目されている監督がバレリーナを目指すトランスジェンダーの少女についての記事に心を動かされ、“必ず彼女を題材にした映画を撮る”という強い決意からこのバレエ映画が誕生します

Dkm_2

生まれながらの身体的性別と心の性別が異なる主人公の少女ララが、血のにじむような努力を重ねてバレリーナとして成長していく姿を描いたヒューマンドラマ
Image1_3

主演を務めたビクトール・ポルスターは、ベルギーのアントワープ・ロイヤル・バレエ・スクールに通う現役のトップダンサーで、500人を超える候補者の中から選ばれた逸材

初の映画出演、しかも彼自身はシスジェンダー(生まれた時に診断された身体的性別と、自分の性同一性が一致していること)でありながら、ララの繊細な表情や思春期の心の機微を見事に表現。バレエシーンでは、卓越した表現力によってい圧倒的なパフォーマンスを見せているそうです

Image1_4

 

バレエ映画で世界から注目を集めた作品と言えば、アカデミー賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞のオスカーを獲得した『ブラックスワン』ですね

 

バレエを舞台とする映画は、華やかな表舞台よりも、人知れず繰り広げられる裏の世界が取り上げられることが多いのですが、この映画は、さらに社会問題となっているトランスジェンダーで悩み葛藤するバレリーナが主人公と支える家族との絆にも心を揺さぶられそうな作品です

 


また、美しいバレエシーンの振り付けは、コンテンポラリーダンス界の旗手であり、日本でも森山未來とタッグを組んだ公演でも知られる振付師のシディ・ラルビ・シェルカウイが担当しているというのも、バレエファンには魅力的です

日本では、毎夏、海外のバレエ公演が沢山ありますが、注目のバレエ映画もチェックしたいと思います

投稿者:マノン

 

|

2019年2月 9日 (土)

映画☆『メリーポピインズ・リターンズ』

こんにちは マノンです

2月1日公開された『メリーポピンズ・リターンズ』を観ました

55年前のジュリーアンドリュース主演の『メリーポピンズ』を観ていなくて、ストーリーを知らずに観ましたが、なんてすばらしい映画と感動で大興奮しました

Main

前作から55年たったとはいえ、ミュージカル映画の大女優ジュリーアンドリュース主演、『チムチムチェリー』など映画を観たことがなくても知っている名曲がある有名な作品だっただけに、期待も膨らむ一方・・・かなりのプレッシャーだったと想像できます

これからご覧になられる方が多いと思いますので、映画の内容は書きませんが、知っておくとちょっと楽しくなるキャストについて・・・お伝えしておきましょう

物語の主人公となるバンクス一家の家政婦役は、前作と同じイギリス人女優が演じています

Xj3dqylyninbfimuvxasqqcashcgft1regb

さらに・・・こちらの方は90歳を超える女優さんで、映画の締めくくりにの一場面だけに登場しますが、その存在感は圧巻

Nitcxz8ykvcc9truvapusbtlutzilal6c9l

そして3人目は・・・前作では一人二役を演じたメリーポピンズの友達で円筒掃除の青年役の俳優さんも、今は90歳を超えられているようですが、クライマックスで見事なタップダンスを披露してくれますよ

Snow063

要所要所に前作のオマージュもちりばめられているそうですので、私はこれから前作の『メリーポピンズ』を観たいと思います

そして・・・ディズニーファンにはびっくりの、『メリーポピンズ・リターンズ』にはなんと6つの隠れミッキーが登場しているとのこと

まったく気がつきませんでしたが・・・これから観る方はぜひチェックを

浅田真央さんもスケートショーで演じていたメリーポピンズ

Pgyiaz8g6rfcswcdxcqsq59kam1q1rvczuc

本当に素敵なキャラクターで、一瞬にしてファンになりました
Thal02crl3

子供にも大人にもオススメできる素敵な作品ですので、ぜひぜひご覧になって下さいね

投稿者:マノン







|

2018年12月 8日 (土)

くるみわり人形☆

こんにちはマノンです

公開から1週間がたちましたが、もうご覧になりましたか?

映画『くるみわり人形と秘密の王国』

9月にもこちらのブログで、ご紹介しましたが、待ちに待った公開となり、早速観に行ってきました

これからご覧になる方が多いかと思いますので、ストーリーのネタバレは避けたいと思いますが・・・とにかくクララ役のマッケンジー・フォイが、とってもとっても可愛くて魅力的

96047eb39f5fe4ebb1e6c5e18139ff7b_15

映画冒頭は・・・『ナルニア国物語』のような雰囲気

そしてクララが迷い込む秘密の王国は、なんとなく『アリス・イン・ワンダーランド』っぽい印象を受けました

5rq

クララのドレスも息をのむほどの美しさです

Maxresdefaulta

が、私はこちらの 秘密の王国の平和を取り戻すため、勇気を出して果敢に闘うシーンでのこの衣装が一番好きでした

Yjimagecv23uqxe

そして、バレエファンには必見の劇中劇バレエのシーン

25_20181113_59028_001

バレエの舞台と同じではありませんので、ちょっとだけでしたが・・・

0

幻想的なバレエシーン

Maxresdefault

エンディングでも、 ミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンのパドドゥが観られますので最後までお見逃しなく・・・
Sddefault

12月のクリスマスシーズンにピッタリのオススメ映画です

投稿者:マノン

|

2018年9月 8日 (土)

ディズニー映画『くるみ割り人形』

こんにちはマノンです

今年の11月公開のディズニー映画は、なんとバレエでもお馴染みの「くるみ割り人形」の実写版

原作は、約200年前にドイツで生まれた童話で、チャイコフスキーによる音楽は、バレエを見たことのない人も、一度は耳にしたことのある名曲の数々があり、クラシック・バレエではクリスマスの風物詩とおなっていて、時代を超えて愛され続けてきた、まさに不朽の物語です

20180907kurumiwari02_full

クララ役を務めるのは、17歳のマッケンジー・フォイで、透明感と強い意志を感じる目が印象的な美少女でもあり、クララ役にぴったりのイメージですね

そして、脇を固める役者も、豪華俳優陣が勢ぞろい

キーラ・ナイトレイをはじめ、オスカー俳優のヘレン・ミレン、モーガン・フリーマンという実力派が名を連ねています

単なる童話の世界ではなく、ドラマにリアリティを与え観客を映画の世界に引き込んでいくことでしょう

20180907kurumiwari_full

そして、バレエファンには嬉しい、ミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンというトップ・バレエダンサーの出演もあり・・・早くも話題になっているようです

『くるみ割り人形』はメジャーなバレエ作品のひとつでもあり、映画では、2度のオスカーに輝いたジェニー・ビーヴァンが衣裳を担当していて、バレエの舞台とは、一味違った豪華で煌びやかな世界を味わえるのが楽しみです

投稿者:マノン

|

2018年6月 5日 (火)

映画 ボリショイ・バレエ 2人のスワン

こんにちは ニャジラです

 映画「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」が 

7月7日から、ヒューマントラストシネマ渋谷で上映されます。 

(STORY)

 ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーで頂点を目指す2人の少女。貧しい炭鉱町出身のユリアとお金持ちの家に生まれ育ったカリーナ。2人は最大の親友でありライバルとなり、過酷なレッスンに耐えながら、恋とバレエを競い合います。

 

世界最高峰の名門ボリショイ劇場が総力をあげて描く、美しくも過酷なバレエ・エンターテイメント 世界的バレリーナが集結しています。

 

公式ホームページで詳細情報、そして約2分間の予告編など見ることができます

http://bolshoi-ballet-movie.com/

少ないですがアンシャンテにチラシを設置しておりますので、ご自由にお持ち帰りください。上映スケジュールはまだ出ていないそうです。

Img_4295

私もぜひ見にいきたいと思っています。とても楽しみです。

投稿 ニャジラ(JUNKO)

|

2018年4月 7日 (土)

ヒトラーから世界を救った男

皆さま、こんばんは MIDORIです

近頃映画ずいていて、この1か月で4本の映画を観ましたが、今日は、こちらの3/30から公開の映画をご紹介します

Images1_2

右がチャーチルを演じたゲーりー・オールドマン、右が特殊メイクを施した後

Images_3

面長でシャープな輪郭ですが、頬や鼻、顎周りが肉付きが変化しています

そして本物のチャーチル

Churchill7_2

かなりの目力ですね

映画の中でも特に印象に残った女性たち

この強面のチャーチルを支えた、凛とした美しさと強さを兼ね備えた妻の存在は欠かせません
02_2

チャーチルが首相になる直前に雇われた秘書(タイピスト)も魅力的な女性だったようです
03_2

陰で支えたこの女性二人が、チャーチルの知られざる素の一面を、魅力的にユーモアもあるチャーミングな人物像として引き立てていました

独裁者ヒトラーがヨーロッパを手中に治めようとしていた戦火の元に首相に任命され、戦々恐々とその時が迫ってきていた最中に、闘う姿勢を最後まで貫き、大の嫌われ者から英雄となっていく姿、名演説とそれまでの葛藤の日々、そして英国民の生の声を聞きだしに初めて地下鉄に乗った場面などが、適度なスピード感と共に描かれています

最初から最後まで肩に力が入ってしまうほど緊張感が途切れませんでしたが、
カメレオン俳優と呼ばれるゲーリー・オールドマンの名演と辻一弘氏が担当した特殊メイクのクオリティの高さは圧巻です

ぜひ、スクリーンでこの二人の活躍をご覧になってくださいね

投稿者:MIDORI

|

2018年3月24日 (土)

映画鑑賞

皆さま こんにちは MIDORIです

都内では桜が満開の週末となり、公園や桜の名所などは賑わいそうですね

しかしならが、21日の春分の日の祝日は都心でも雪が降り、真冬の寒さに見舞われました

そんな雪の中、知り合いから勧められた映画を見に行ってきました 

突然の雪で大荒れの天気のせいか、映画館は春休みに入った子供達や家族連れで激混み

私が観たのは、日中合作映画『空海 KU-KAI』

28752686_176739606383868_8597649989
中国人の監督ですが、主演は空海役の染谷 将太。

全編中国語で演じ、中国語も習得したそうですが・・・残念ながら映画は吹き替えでした

が、原語で観たいとの声が多数挙がってきたため、なんと今日から中国語で日本語字幕の上映が始まるそうです

これからご覧になられる方は、ぜひ字幕でご覧になってください

中国を舞台にした作品は、やはりスケールが大きく悠久の歴史を感じます

Img_12

日本では平安時代初期の頃・・・正規の遣唐使として20年の留学僧となったのですが、2年で帰国し中国から真言宗をもたらした僧侶空海が、その類まれな才能を駆使して30年前の唐で起きた謎を解いていくストーリー

Img_08

Story01

所々に中国の美しい衣装を纏ったダンスシーンなどもありエンターテインメント的要素も強かったです

Img_02

このストーリーの重要な鍵となる世界三大美女楊貴妃
Yjimage

タイムスリップして30年前の華やかな王朝の姿を見事に映し出しすシーンは、ファンタジーのようでもあり、不思議な感じがしました
Img_01

奈良時代の遣唐留学生である阿倍仲麻呂を演じる阿部寛
Img_09

阿倍仲麻呂の死後も中国に残り暮らしていた日本人女性役は松坂慶子・・・豪華出演陣にもびっくりでした
Yji1mage

普段、洋画ばかりみている私には、とても新鮮なアジア映画で、なおかつファンタジーなのか史実なのか・・・謎が深まる少々難解なストーリーではありましたが、後半はかなり引き込まれました

今まで、ほとんど関心がありませんでしたが・・・空海のことや、謎だらけの美女楊貴妃の死の真相を知りたくなったので、文献などを探して勉強してみようかなと思いました

投稿者:MIDORI

|

2017年7月14日 (金)

フェリシーのクラシックチュチュ

こんにちは ニャジラです

先週、MIDORIさんがご紹介下さった映画

 「フェリシーと夢のトーシューズ」のチラシをアンシャンテに設置しております☆.。.:*・。

素敵なデザインのクラシックチュチュと赤いトーシューズ姿です


Img_0939

家族のいないフェリシーは、踊ることが大好きな11歳の少女です。

「パリ・オペラ座でエトワールとして踊りたい!」 という大きな夢を叶えられるのでしょうか。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

世界的有名なバレエ学校の先生、メランドウ先生の声役が熊川哲也さんですが、この映画について

子供だけでなく、教育に携わる人、芸術家、すべての大人が共感できるシーンがあると思います」

とコメントされています。

フェリシーの声は土屋太鳳さん。大学でダンスを専門に学ばれている女優さんですね

Img_0940


1


8月12日(土)公開です。バレエを習う子供達にとっては特に待ち遠しい映画です

アンシャンテ設置のチラシはみなさんご自由にお持ち帰りください☆.。.:*・。

投稿 ニャジラ(JUNKO)

アンシャンテのインスタグラム

https://www.instagram.com/enchante_harajuku_ballet/

|

2017年7月 8日 (土)

夏休み公開!フランスのバレエアニメーション映画☆

皆さま こんにちは MIDORIです

昨日今日と30度を越える本格的な暑さが続いていますが、体調管理は大丈夫でしょうか?しっかり栄養補給をし、適度な運動をして夏に負けない体力作りをしてくださいね

まもなく梅雨が明けると・・・いよいよ夏休みですね

この夏、昨年フランスで制作された、バレエの世界を描いたアニメーション映画が公開になります

バレリーナを夢見る少女の姿を描いた物語

Be0e9e5eda2f766e

19世紀末のフランスで、踊ることが大好きな施設に暮らすフェリシーという少女はバレリーナとしてパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていましたが、施設を抜け出して憧れのパリを目指すことに・・・

640_2

バレエを習ったこともないフェリシーが、元バレリーナで今はオペラ座の掃除婦のオデットと出会い、情熱と勇気を胸に夢の舞台を目指し努力・奮闘します

640_4

640_3

日本でも絶大な人気を誇った名バレリーナで、現在パリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオーレリ・デュポンと、エトワールのジェレミー・ベランガールが振り付けを担当しているとのことなども、見所です

640

さらに・・・日本語吹替版では、なんと、K-Balletの熊川哲也氏が声優をされていらっしゃいます
普段のダンサーの姿からはちょっとイメージが湧いてきませんが、厳しい教師役を演じてるようですので、その名演ぶりも楽しみです

投稿者:MIDORI




|

より以前の記事一覧