文化・芸術

2018年8月25日 (土)

新演出☆英国ロイヤルバレエ団『白鳥の湖』

こんにちはマノンですhappy01

映画館でバレエ鑑賞ができる”ロイヤルシネマズシーズン2018”のラストを飾る作品は、クラシックバレエの不朽の名作『白鳥の湖』ですshine

201808rhocinema01_2

昨夜の初日に観に行ってきましたが、映画館は満席coldsweats02

英国ロイヤルバレエ団による30年ぶりの新演出という話題性もあるのか、生の舞台を観る劇場ではかったのに・・・映画館内は熱気にあふれていましたhappy01

本場イギリスでは、6月12日にロイヤルオペラハウスで上演された映像で、新しい演出・舞台美術・衣裳・・・追加された振り付けなど、本場でも期待と興奮で緊張している関係者や観客の様子をリアルに感じることができましたconfident

幕間には、お馴染みの元プリンシパルバレリーナであるダーシー・バッセルがMCを務め、彼女自身の経験談やダンサー達へのインタビューなども興味深く楽しめましたwink 彼女は、バレエ以外に司会業?!にも才能あるとは・・・素敵ですheart04

『白鳥の湖』は、クラシックバレエ作品の中でも、様々な異なる演出があることでも有名ですwink

特にラストシーン、オデットと王子の運命はどうなるのか・・・ハッピーエンドのパターンもあり、悲劇で終わるパターンも両方あります!

私は、ドラマチックな悲劇が好きなのですが、この新演出ではどうでしたでしょうかsign02

ネタバレはしないでおこうと思いますので、ぜひ映画館でご覧になって下さいねnote

主演は、notes 

マリアネラは、すでにベテランの貫録もあり情熱的で緻密な演技力と確実なテクニックで説得力のあるオデットとオディール正反対なキャラクターを熱演good

201808rhocinema02

王子役のワディムは、まだ20代と若いダンサーで、若さと初々しさは天下一品!

こんなにもジークフリート役にぴったりのダンサーは他にいないのではと思うほどの適役でしたhappy01
201808rhocinema03

また、プリンシパルのダンサー達が脇を固める豪華なキャスティングも見ごたえありましたnote

パ・ド・トロワで美しく舞っていた日本人プリンシパルダンサーの高田茜さん(右)

1805rb_swan02_2

さらに特筆すべきは、やはりこのバレエの見どころの一つである白鳥の群舞の美しさheart01

201808rhocinema04

映画館ですと、カメラワークが近く、もっと引いてみてみたかったというのが本音です。やはりバレエは生の舞台で観るのが醍醐味ですので、いつか来日公演で上演してくれることを期待しでいますnotes

投稿者:マノン

|

2018年8月18日 (土)

世界バレエフェスティバル”Sasaki Gala”☆

こんにちは マノンですnote

先週お伝えしました世界バレエフェスティバルの最終日、8月15日の1日だけのスペシャルなガラ公演を観てまいりましたnotes

今回は、15回目の記念に加えて、主催者である佐々木忠次氏が亡くなられてから初めてとなる世界バレエフェスティバルだったため、佐々木氏を偲んでのスペシャルガラとなりましたsign03

Img_5348

会場も大入り満員sign03

Aプロ・Bプロと同様、世界一流のダンサー達による魂を込めた素晴らしいパフォーマンスに心打たれましたが、幕間には、舞台中央で佐々木氏に捧げるお手紙を、アレッサンドラ・フェリが朗読・・・さらに、画面奥に映し出された佐々木さん生前の想い出の映像が流れて、それまで拍手喝采で盛り上がっていた会場が静まり返り・・・佐々木氏のひたむきな努力とその功績に改めて敬意を表し、とても感動的なひとときとなりましたshine

私自身も、佐々木氏が世界の名だたるバレエ団・そしてスーパースターのバレエダンサー達を日本に招聘し公演を開催していなければ、ここまでバレエに情熱を注ぐ人生にはならなかったかもしれませんthink 感謝の思いが溢れて、その貴重な場に立ち会うことができてよかったですconfident

そして、Sasaki Galaの一日のためにローザンヌより駆け付けたジル・ロマンの新作は期待通りの素晴らしさ。現在は、モーリス・ベジャールバレエ団を率いるベジャールの後継者となっていますが、亡き奇才振付師のベジャール氏と佐々木氏両人に捧げているかのような、静かで独特のジル・ロマンワールドに惹き込まれましたconfident

また3年後に素晴らしいダンサー達が来日してくれることを願っていますwink

すべての公演を終えたダンサー達の集合写真down

Img_5419
ん?なんか・・・変な格好のダンサー達がcoldsweats02

こちらは、第1部~4部を終えて、第5部にサプライズで上演された通称”ファニー・ガラ”happy02

通称・・・というのは、毎回この最終日のガラの最後の最後に出演ダンサー達が陰で?!準備してきたパロディーの作品が披露されますcoldsweats01

女性ダンサー達が、男性パートを・・・

Img_5370

そして男性ダンサーがチュチュを着て女性パートをsign02
Img_5372
ありないくらいデカイバレリーナwobbly

上半身は白いタンクトップですが、ちゃんとポワントを履いてますhappy02
Img_5371

そして、小さな男装ダンサーにサポートされて見事な技を披露sign03
Img_5376

客席は、それぞれの男装・女装のダンサー達に大笑いし、大きな女装ダンサーの見事なフェッテや女性ダンサー顔負けの?!ヒロインなり切り演技に感心し、拍手喝采で大いに盛り上がりましたhappy01

中には、こんなコスプレの女装までdown

Img_5374

連日ハードスケジュールをこなしながらの、このファニー・ガラのクオリティーの高さは毎回びっくりさせられますcoldsweats01

過酷な酷暑の暑さに負けず劇場に駆け付けた観客も、そしてダンサー、スタッフ全員が大いに楽しむことができた世界バレエフェスティバルとなりましたconfident

次回は2020年、東京オリンピック開催中となるため、どのような公演ができるのかわかりませんが、また3年後を楽しみにしてますwink

投稿者:マノン

|

2018年8月11日 (土)

世界バレエフェスティバル2018☆プログラムB

こんにちは マノンですnote

先週お伝えしました3年に一度のバレエの祭典”世界バレエフェスティバル”のBプログラムを観に行って参りましたsign03

3年に一度となるので、毎回同じ出演者ではなく、初出演の若いダンサーからベテランまで様々な世代のダンサーを楽しめますhappy01

中堅どころのパリ・オペラ座のエトワール、ドロテジルベールとマチューガニオは、ヌレエフ版シンデレラを披露shine

Img_5231

舞台裏で撮った写真をダンサー自身がインスタグラムなどのSNSに載せていますwink

Img_5233

総勢40名にも及ぶダンサー達による4時間半の長丁場なので、観る側も体力勝負となりますが、豪華な顔触れのガラを存分に楽しみましたsign03

Img_5232

作品に関しては、それぞれ好みがあると思いますが、ネオクラシック作品から、椿姫やマノン、ロミオとジュリエット、オネーギンのパドドゥ、古典からは、黒鳥、眠りの森の美女、コッペリア、ドンキホーテ・・・とハイライトのオンパレードですnotes

Img_5208

東京文化会館のホワイエは、いつもどおりのデコレーションと定番となっている巨大パネルがあり、いつもよりゴージャスな雰囲気も漂っていますshine
Img_5207


2000年開催の第9回世界バレエフェスティバルから観はじめて6回目のバレエフェス・・・

その間にはダンサーの世代交代があったり、ベテランダンサーが復帰したり・・・

色々な想い出も巡り感慨深いものがありますconfident

今回は、55歳を迎えたアレッサンドラ・フェリが復帰してから初のバレエフェスでしたが、その存在感は別格でしたshine 女優と称されたバレリーナだっただけに、その演技力と放つオーラは健在で、引き込まれましたcoldsweats02

また来週のガラ公演でも、新作が観られるのでとても楽しみですheart04

投稿者:マノン

|

2018年8月 4日 (土)

世界バレエフェスティバル2018

こんにちはマノンですnote

日本の夏は各地で花火大会や伝統のお祭りなど様々な催しがありますが、

東京の今年の夏は、なんといっても3年に一度のバレエファンのお楽しみ“世界バレエフェスティバル”がありますsign03

ヨーロッパの各国をはじめ、北米・南米の有数なバレエ団のトップスターダンサー達が一度に集うスペシャルなガラ公演が東京文化会館で観られる素晴らしいチャンスですhappy01

事前の主催者と出演者による記者会見も大々的に行われたようですdown

650x_sub_image155445

スターダンサー達が一度に集まると華やかですねshine
650x_sub_image155444
パリ・オペラ座の芸術監督でもあり、今回ダンサーとして出演するオレリー・デュポンnote

その左には初出演のドロテ・ジルベールとミリアム・ウルド・ブラームnote

8/1から始まったAプログラムは、明日がラスト、続いて8/8からはBプログラムが始まり、最終日は8/15の一日限りの“Sasaki Gala”がありますhappy01

20120802220758_2

私は、BプログラムとSasaki Galaを観に行く予定ですので、またこのブログでレポートいたしますwink

https://www.nbs.or.jp/stages/2018/wbf/schedule.html

upまだまだチケットは入手できそうですので、ご興味のある方は、ぜひこちらでご確認くださいねsign01

投稿者:マノン

|

2018年7月29日 (日)

続報!ヴァルナ国際バレエコンクール

こんにちは マノンですnote

本日午前中に、昨日お伝えしましたヴァルナ国際バレエコンクールの決勝の速報が日本に届きましたので続報ですshine

日本人4名が入賞されたとのことcoldsweats02

これは素晴らしい快挙ですねsign03

順位の方は、29日の授賞式の際に発表されるそうですが、入賞者のみ先に発表されましたnotes

私が注目していた高森美結さんもシニア部門で一人入賞が決まったようで、とっても嬉しい結果ですheart04

決勝ではキトリを踊られたのですねheart

Djps969uwaazlb5


そのほか、ジュニア部門で井関エレナさん、大森一樹さん、五島温大さんと3名も入賞ですwink

順位はともかく、若手の才能あるダンサー達が次々と世界で認められる姿は、とても頼もしく、将来が楽しみですgood

既に海外で活躍中のダンサーもいらっしゃいますが、日本で晴れ姿を観られるチャンスがあることを心待ちにしておりますhappy01

投稿者:マノン

|

2018年7月28日 (土)

ヴァルナ国際バレエコンクール情報

こんにちはマノンですhappy01

現在、ブルガリアで開催されているヴァルナ国際バレエコンクール第28回大会情報ですnote

日本で一番有名な国際バレエコンクルールといえばローザンヌ国際バレエコンクールかと思いますが、世界三大主要コンクールといえば、モスクワ国際バレエコンクール、ジャクソン国際バレエコンクールと国際バレエコンクールの中で最も古い歴史を誇るこのヴァルナ国際バレエコンクールとなりますhappy01

これまでギエム、マラーホフ、バリシニコフ、パトリック・デュポン、森下洋子、ウラジーミル・ワシーリエフなどバレエ界の歴史に名を刻んだスターを多数輩出してきましたsign03

1次、2次で、クラシックとコンテンポラリーの審査があり、3次の決勝では、両方の審査があるようで、なかなかハードなスケジュールとなっていますcoldsweats01

現在、1次、2次が終わり、26、27日と決勝が行われ、29日は授賞式とファイナリストによるガラ、そして30日には、今大会の受賞者と過去の受賞者たちが競演するスーパー・ガラで締めくくられますshine

2年に一回開催のコンクール、今大会で3次審査に進んだのは、日本からは5名wobbly

素晴らしいですねsign03

<ジュニア部門>

五島温大(Haruto Goto)さん ベルリン国立バレエ学校

井関エレナ(Elena Iseki)さん ベルリン国立バレエ学校Img_20180724_225548_458

大森一樹(Itsuki Omori)さん 京都バレエ専門学校→ポルトガル国立リスボンバレエ学校

Img_20180724_230913_652


<シニア部門>

高森美結(Miyu Takamori)さん ハンガリー国立バレエ

6c1444e623d878c2954abf9ebbd4a5ce911


寺田智羽(Tomoha Terada)さん エカテリンブルグ歌劇場バレエ

18040951ee839e9e4c7b9ec2f373e54182f

パリ・オペラ座など、世界の名だたるバレエ団からも出場者が多く、まさに世界最高のレベルのコンクールといえるでしょうconfident

まだ、結果の情報はありませんのでドキドキですが・・・私は、ハンガリー国立バレエの高森美結さんの映像を観て、とてもエネルギッシュでテクニックも素晴らしく、今回特に注目してますので、結果が楽しみですwink

夏は、日本各地でもコンクールや特別講習などが開催されているようですhappy01

暑さを吹き飛ばすような、若いパワーで皆さん頑張ってくださいheart02

投稿者:マノン

|

2018年7月 8日 (日)

メルの絵、パリのご家庭にお嫁入り♪

こんにちは ニャジラですheart

猫の絵と書を重ね合わせるという、独創的で素敵な作品を作り続けていらっしゃる作家の野上恵子さんは、

日本のみならず世界へと精力的に活動されています。

現在「パリジャパンエキスポ」でパリに行かれており、

メルの絵がパリで売れたとの嬉しい報告が入りましたshine

メルの絵がパリのご家庭にお嫁入りですheart01

Img_4487

買ってくださったご婦人

Img_4490

漢字は、絆です。

芸術的な書の背景でまだあどけない顔のメルがふわっと2ポーズ。

わたしもぜひ欲しいと思いましたが

今はパリのご家庭に飾られていることでしょう。

感激です。

野上さんの作品は、猫だけのもの、書だけのものもあるそうですが、

やはり猫と書のコラボ作品は珍しいので特に人気とのことです。

これまでにメルをモデルに描いていただいた作品は、昨年のブログでもご紹介させていただきましたが、あらためてご紹介いたします。

細字とメル

Img_4488 Img_4489

本日も見ていただきありがとうございました。

それではまたレッスンでお待ちしておりますhappy01

投稿 ニャジラ(JUNKO)heart04

|

2018年6月25日 (月)

パキータ ヴァリエーション講習会参加報告

こんにちは ニャジラですheart

パキータ ヴァリエーション講習会を受講して参りました。(日本ダンスサイエンスアカデミー主催)

 

振付家マリウス・プティパがエカテリーナ・ヴァゼムのために振り付けた「パキータ」のヴァリエーションを取り上げ、「パキータ」の物語、舞踊史、音楽、振付指導、以上の視点から紐解く特別講座でした。

「パキータ」は衣装からも想像できる通り、物語の舞台はスペインです。主人公パキータはスペインでジプシーに育てられますが、実はフランスの将校の娘、位のある家の出身です。

物語のあらすじは、こちらのサイトに簡潔に書かれています↓

http://worldfolksong.com/ballet/paquita.htm

講習会の後半は、田北志のぶ先生※によるヴァリエーションの指導デモンストレーションでした。

エカテリーナ・ヴァゼムのために振り付けられた「パキータ」のヴァリエーションを実際振り付けを覚えて私たちも動きながら、指導ポイントを教えていただきました。

その音楽は大変豪華で、民族舞踊的な雰囲気も感じられるポロネーズです。

※田北志のぶ先生 : 元シェフチェンコ記念ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場 リーディング・ソリスト(キエフバレエ団)]。

田北先生が見せて下さるポーズ、ご指導の姿、佇まいがとても美しく魅力的で、目が釘付けになりました。 

拝見するだけでも価値が高く贅沢だと感じながら、大変充実した講習会でした。

パキータに特化して詳しく学べるこの機会は、とても貴重でありがたいことでした。

また皆さんにも、お伝えしていきたいと思います。

エカテリーナ・ヴァゼムのために振り付けられたパキータのヴァリエーションをぜひご覧下さい↓

https://www.youtube.com/watch?v=0gQy6tvBja8&feature=youtu.be

エカテリーナ・ヴァゼム(講習会テキストより)↓

2

ワガノワは、ヴァゼムの弟子です。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

アンシャンテでは7月半ばよりヴァリエーション講習会が始まります。参加者はそれぞれの課題曲に取り組みますが、今回、「パキータ」よりバリエーションを踊る方が多くいらっしゃいます。

みなさん、頑張ってくださいnote

 

それでは、アンシャンテでお待ちしておりますheart04

 投稿 ニャジラ(JUNKO)happy01

|

2018年6月23日 (土)

ロイヤルバレエシネマ

こんにちは マノンですnote

昨日から始まったロイヤルバレエシネマの『マノン』

観た方の感想をSNSの投稿などでチェックすると、かなり評判がよさそうなので、

お時間ある方はぜひご覧になって下さいませhappy01

down

http://tohotowa.co.jp/roh/movie/manon.html

今回のキャストは、マノンがサラ・ラム、デ・グリューがワディム・ムンタギロフ、そしてマノンの兄のレスコー役には、なんと日本人プリンシパルの平野亮一さんが踊られますwink

320

これまで、歴代のスターダンサー達が踊ってきた作品なので、私も何十回も観てきましたが、物語バレエの巨匠ケネスマクミランの振り付けは、息をのむほど美しく・・・

台詞が聞こえてきそうな、まるでお芝居を観ているような感覚になりますconfident

Manonsylvieguillememassimomurruphm_

フランスを舞台にした高級娼婦のマノンと、若く純粋な青年との複雑なラブストーリーheart04
Thd8ypz70s

第三幕の沼地のパ・ド・ドゥは、この作品の傑作といっていい見せ場となっていますshine

Thjzoe5s8a

悲劇の結末をバレエでどう表現されるのか・・・

Bc25c5c38b1132f1313a76cc235b0bcb

とても見応えのある素晴らしい全幕バレエですsign03

もちろん、生の舞台を観るのが一番ですが・・・マクミランバレエの本家本元である英国ロイヤルバレエの『マノン』を楽しめる貴重な機会ですので是非お見逃しなくnotes

投稿者:マノン

|

2018年6月19日 (火)

ロイヤルエレガンスの夕べ 見学会

こんにちは ニャジラですheart

「ロイヤルエレガンスの夕べ」の本番前見学会のご案内が届きましたので、アンシャンテの皆様にお伝えいたします。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ダンサー達が、本番前に舞台上でウオームアップしている様子や、最終リハーサルの様子を観ることができる素晴らしい機会です。始まる前に、ダンサーの簡単な紹介と公演の概要について、ジャスティン・マイスナー(元ロイヤル・バレエ団シニア・ソリスト、ダンスツアーズプロダクション代表)からお話があります。

リハーサル見学日時: 2018年8月30日(木) 13:30~16:30

会場:目黒パーシモンホール 〒152-0023 東京都目黒区八雲1-1-1

料金: ¥3,000(税込)

チケットは「ロイヤル・エレガンスの夕べ」公式サイトからご購入下さい.

こちらご覧くださいgoodshine

http://royalelegancenight.com/japanese/events.html?_fsi=JTX1o31K

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

それでは、アンシャンテのレッスンでお待ちしておりますheart04

投稿 ニャジラ(JUNKO)note

|

より以前の記事一覧