« モンチと仲良しメル | トップページ | ごぼう茶☆ »

2018年8月25日 (土)

新演出☆英国ロイヤルバレエ団『白鳥の湖』

こんにちはマノンですhappy01

映画館でバレエ鑑賞ができる”ロイヤルシネマズシーズン2018”のラストを飾る作品は、クラシックバレエの不朽の名作『白鳥の湖』ですshine

201808rhocinema01_2

昨夜の初日に観に行ってきましたが、映画館は満席coldsweats02

英国ロイヤルバレエ団による30年ぶりの新演出という話題性もあるのか、生の舞台を観る劇場ではかったのに・・・映画館内は熱気にあふれていましたhappy01

本場イギリスでは、6月12日にロイヤルオペラハウスで上演された映像で、新しい演出・舞台美術・衣裳・・・追加された振り付けなど、本場でも期待と興奮で緊張している関係者や観客の様子をリアルに感じることができましたconfident

幕間には、お馴染みの元プリンシパルバレリーナであるダーシー・バッセルがMCを務め、彼女自身の経験談やダンサー達へのインタビューなども興味深く楽しめましたwink 彼女は、バレエ以外に司会業?!にも才能あるとは・・・素敵ですheart04

『白鳥の湖』は、クラシックバレエ作品の中でも、様々な異なる演出があることでも有名ですwink

特にラストシーン、オデットと王子の運命はどうなるのか・・・ハッピーエンドのパターンもあり、悲劇で終わるパターンも両方あります!

私は、ドラマチックな悲劇が好きなのですが、この新演出ではどうでしたでしょうかsign02

ネタバレはしないでおこうと思いますので、ぜひ映画館でご覧になって下さいねnote

主演は、notes 

マリアネラは、すでにベテランの貫録もあり情熱的で緻密な演技力と確実なテクニックで説得力のあるオデットとオディール正反対なキャラクターを熱演good

201808rhocinema02

王子役のワディムは、まだ20代と若いダンサーで、若さと初々しさは天下一品!

こんなにもジークフリート役にぴったりのダンサーは他にいないのではと思うほどの適役でしたhappy01
201808rhocinema03

また、プリンシパルのダンサー達が脇を固める豪華なキャスティングも見ごたえありましたnote

パ・ド・トロワで美しく舞っていた日本人プリンシパルダンサーの高田茜さん(右)

1805rb_swan02_2

さらに特筆すべきは、やはりこのバレエの見どころの一つである白鳥の群舞の美しさheart01

201808rhocinema04

映画館ですと、カメラワークが近く、もっと引いてみてみたかったというのが本音です。やはりバレエは生の舞台で観るのが醍醐味ですので、いつか来日公演で上演してくれることを期待しでいますnotes

投稿者:マノン

|

« モンチと仲良しメル | トップページ | ごぼう茶☆ »

文化・芸術」カテゴリの記事