« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

お花見シーズンですね

こんにちは!

3月ももう末、桜の花も満開の季節となりましたね!

皆様はもうお花見しましたか?

TAMTAMは先日上野の桜をみてきました!3月下旬から、あっという間に桜が開花しましたね~ 

町が白やピンクの華やかな色合いに囲まれ、さらに明るい日差しが降り注ぐ季節、なんだか心もワクワクしますね。 一方別れや出会いの多い季節のためか、ちょっぴりシミジミしたり・・・ 桜は風情のある花ですね。TAMTAMは一番この季節&桜が好きです。

が、春らしくかわりやすい天気のため、いつ花が散ってしまうのかな~とちょっと心配・・・雨が降らなければいいのですが・・・

昨年の今頃を思い出せば、ヨーロッパに滞在していた私は 春の花を見るために、オランダのKeukenhof(クーケンホフ)という場所までお出かけしました。

ここはオランダ名物のチューリップがた~くさん咲くことで有名な場所です。他にも様々な種類の春の花が咲くステキな公園です。オランダ風車(これまたオランダ名物ですね)と共に広がるカラフルなチューリップの光景は日本の桜同様、とっても華やかでステキでした。

様々な生命の誕生の季節である春はやはりいいですね~ お花見で心癒される日々を過ごしています。

(投稿:TAMTAM)

|

2008年3月27日 (木)

☆ショッピング~☆

みなさん、こんにちわ~MIOデス

早いもので、もう3月も終わりですね~あったかくて昼間はとても気持ちがいいですね

私は、この間、ショッピング~を楽しみました~みなさんは、もう今シーズンお買い物はしましたか~みなさんは、服を買うときは、どのようにして、買いますか~

私は、いっきに買うことが多いデスその日、このお店って決めたら、たくさん試着して、気に入ったものにあわせて、店員さんとお話ししながら、きづいたらまとめて買ってしまうことが多いデス

春だし、外に出るだけでテンションあがって楽しいですよね+気に入って買った服着て出かけるとまた気分上々デス

気分一新で、また春から頑張っていこうとやる気に満ちてきましたっそれでは、みなさん、ごきげんよ~またアンシャンテでお会いしましょ~

  (投稿者:MIO

|

2008年3月23日 (日)

♪Be Lazy Be Happy♪

最近、パトリス・ジュリアンの『Be Lazy Be Happy!』という本を読みました。

Photo_3  パトリス・ジュリアンはライフスタイルコーディネーターとして、ライフスタイル全般にわたってのアドバイスやプロデュース活動をしている人です。 もともと私は、パトリスの家やお店(カフェ、レストランを経営していた)の雰囲気、インテリアが大好きで、そこから彼の本を読むようになり、インテリアだけでなく、考え方、感じ方にも感銘を受け、一時期立て続けに読んでたことがありました。(その時は、お店にも行ったり、彼の絵本に出てくるキャラクター〈‘パトシアン’という名前のいぬ〉のぬいぐるみが欲しくて探し回ったり〈結局手に入りませんでした〉、と、ちょっと〈かなり〉はまってました

そして、しばしブランクの後、また読んでみようかな?と思ったのは、そのタイトル()にひかれたのと(そう!私はとってもLazy〈=怠け者〉なのです)、タイトル横に書いてあった「include YOGA」(私は少しヨガもかじっています。。)。

内容は、実際パトリスが飼っているBisou(ビズ)という名前のねこが、彼女(女のコです!)の目から見た人間社会のおかしなところを自分(ねこ)の生き方と比べておしゃべりしていく、というユニークなもの。 彼女はねこなのに、なかなか深ーい洞察力をお持ちで(笑)、思わずウムウムとうなずいてしまいます。そして、読み進んでいくうちに、だんだん心と体が解放されていき、らくになっていきます。それは、彼女の自然に逆らわない、完全に調和、バランスのとれた、その超シンプルな生き方が、人間がこの現代社会(なんか難しくなってきましたね)で生きていく中で失われがちなものを思い出させてくれるからなんじゃないかな、と思います。 といっても、この本はねこのおしゃべりからなっているので言葉が少なく(つまり、字数が少ない!ということ)、間に実際(本物)のBisouちゃんの写真も載っていたりして(ねこ好きな方にはおすすめですニャジラさんもゼヒ読んでください-)、絵本のような感覚で読むことができます  最後に“CAT YOGA”なるヨガのポーズがいくつか載っていて、これは、ねこの気持ちになってやると良いそうで、この本を読んで少~しねこの気持ちがわかったつもり(?)なので、ちょっとなりきってやってみようかな、と思っています 効果のほどは・・・またご報告したいと思います

                              (投稿者:グリーンティー)

|

2008年3月20日 (木)

     みなさんこんにちは。前川遥子です。

  私は、仕事で六本木に通っているのですが、正直まだこの街が好きになれません。。

  六本木生まれ、六本木育ち、六本木、、、 (もういいや) の方すみません。

  多分まだ魅力がわかってないだけだと思います。

  でも、好きな本屋さんと喫茶店は発見しました。

  友人に「六本木、本屋と喫茶店しかない」

  と言ったら、「それ、多分六本木じゃないよ。」

  といわれました。     そうかも!!!!!!

                     

  

   話はかわりますが、昨日は歌舞伎を観にいきました。

   私は寝坊してしまい、30分前には到着したかったのに、

   5分ほど遅刻する雲行きになってしまいました。

   途中からはいるくらいなら、四幕とも観ないほうがいいやいっ、と

   逆ギレしようと思いましたが、ここではいらなかったら、4年は後悔

   するのがわかったので、はいりました。

   まわりの席の方、、すみませんでした

   

   感動しました。

   

   伝統芸能って、研ぎ澄まされた技術って、なんてすごい。

   艶やかですね 素敵ですね 

   ああ幸せ

                     

    

   かっこつけて、売店の焼き大福を買わなかったことだけ、悔やまれました。

   では、皆さん、またレッスンでお会いしましょう (^v^) 

   春はからだがやわらかいです。

   (投稿者:前川遥子)

|

2008年3月18日 (火)

潮風を浴びに

こんにちは!

日に日にあたたかくなってきて、ついついいつもウトウトしてしまうTAMTAMです。春眠暁を覚えず、とはこのことで・・・ムニャムニャ・・・

街の中を歩いているとふと香る花の香りに、まぶしい太陽の光に春の訪れを感じます。

☆今回はTAMTAM、ちょっぴりアクティブに、千葉の海まで遠征してきました!

いつもは盆地育ちのためか山歩きの好きな私ですが、今回は自然豊な海岸&海に会いたくなり、ローカル線でガタゴトと房総半島&太平洋へ!

☆今回は千葉県の、銚子に次いで二番目の漁獲量を誇り、400年以上続く朝市の伝統を誇る港町、勝浦市を中心に探検してきました。さすが港町、人々はたくましく、建物は昔ながらの懐かしい雰囲気が漂い、海沿いにはアジやイカなどの魚が干されている光景が続きます。

ラッキーなことに、その日は晴天だったので、浜辺を素足でザクザク歩いてきました。潮風は心地よく、寄せては返す波の動き&音にとっても癒されました。  

☆雄大な自然の中に自分の身をおき、のんびりとした時間を過ごすことで、日ごろの小さな悩みや都会の忙しさからの疲れが吹っ飛びました。やっぱり自然の力は偉大ですね~ 

☆忙しい毎日だからこそ、時には自然とふれあい、ゆっくり自分自身と向き合う時間は貴重で大切なものですね 

海を目の当たりにして、”当たり前”だと思って生活してきたことのありがたみー太陽が照り、花が咲き、自然に守られ、おいしい水とごはんをいつもいただける贅沢な日常、自然の豊かさに改めて感謝したTAMTAMなのでした

(投稿:TAMTAM)

|

2008年3月15日 (土)

身体の声を聞いてみよう☆

昨夜は久し振りにカミナリが鳴っていましたね

最近は私のおなかのカミナリもなりっぱなし(←ご想像にお任せします)になったりと、やたらと敏感体質ですが身体はとっても健康なバレエ&ヨガ講師、安藤万里子です。

「季節の変わり目にはカミナリが鳴る」といいますが、このカミナリは界雷といって、寒気のかたまりの上に暖気のかたまりが乗っかって、カミナリ雲が出来るために起こるものだそうです。

暖かい空気が冷たい空気と戦いながら春を運んできてくれるのですね。素敵です

こうして私たちの周りに当たり前のように存在している自然ですが、空気の流れによって起こる季節の移り変わり、自然の変化というものは本当に不思議ですね。



人間以外の生き物は、意思ではなく感覚や感情を持ち、自然の法則にしたがって、他のものと見事に調和しながら生きています。

しかしながら、悲しいことに私たち人間は自然と協調することを忘れ、己の願望や思い込みや自我に囚われて気づかないうちに地球や自然や生態系を壊し続け、さらには自分の知識や能力を過信しすぎて自分以外の人間と調和して生きることさえも出来なくなっています。

ひとりでは生きていけない、ということをみんな知っているはずなのに、です。

前回もお話したように、自分の周りに存在してくれている人や自然と調和することができなければ、自分のカラダとも調和して生きていくことはできません。

まるで独裁者のように自分の考えや価値観を一方的に自分の身体や他の存在に押し付けていたら、結果として自らが破滅していくことになります。

私たちは改めて、自然に守られ、生かされているという事実をちゃんと受け止めて、「何が自然で、何が不自然か」という感性を取り戻していかなければならないと思います



…と、普通のコラムでしたらここで終わりですが、ここから更にマニアックに掘り下げていくのがアンドウマリコ流です

さて、今回は「カラダの声を聞いて、カラダと仲良くなる」方法をお話しましょう



ではでは、いきなりですが皆さんに質問です。

①お腹がいっぱいなのにあなたのお皿にあと少しだけ料理が残っているとします。

②身体の調子が悪いけれど、今日中になんとしても終わらせたい仕事があるとします。

③腰が痛いとき、何かを持ち上げようとして力を入れた瞬間に「あ、これはヤバイかも」と感じたとします。

④ダイエット中なのにお菓子が食べたくなったとします。

こんなシチュエーションの時、貴方ならどうしますか?



あなたが何かをしようとした時、何かを考えた時、思いが頭をよぎることがあります。
それは皆さんの頭で考えたことではなく、
身体が感じたことです。

たとえば、外からの情報を見て聞いて感じて、ふっと思うこと。

何かを見て「キレイだな」「可愛いな」と感じたり、

何かを聞いて「うるさいな」「この曲好きだな」と思ったり、

何かに触れて「冷たいな」「気持ち悪い感触だな」と反応したり。

ふっと心に現れる気持ち、それが貴方の身体の声=貴方の感性なのです。



こうした当たり前の反応のほかに、あなたが健康に生きるために、危険を回避するために、身体が貴方に直感を与えるときがあります。

それが、先ほど皆さんに質問した①~④のシチュエーションです。

1月19日のコラムでもお話しましたが、「寒い!」と思っているのに我慢して薄着でいることは、身体の声を無視しているということですよね。



それと同じように、

お腹がいっぱいであるのに残さず食べたいと頑張ってしまったり、

体調が悪くても仕事を終わらせたいがために無理をしてしまったり、

腰痛の自覚があるのに「まあいっか」と一瞬の痛みを我慢してしまったり、

ダイエット中だから食べちゃダメ!と生理的な欲求にひたすら耐えたりしてしまうことは、貴方にとって何の得にもなりません。

はてさて、皆さんの反応はいかがでしたか?



悲しいことですが、 あなたが何かを感じたとき、すなわち、貴方を1番よく知っている身体があなたの言動に対して的確なアドバイスをくれたときに、無意識に

「いやだ、私はこうしたい」と自分の願望を押し付けたり、

「ダメ」と身体の欲求を抑えつけたり、

「まぁいっか」「どうにかなるさ」と完全にカラダの警告を無視してしまう人がとても多いのです。

もしあなたが身体の立場だったら、一生懸命助言しているにも関わらず拒否されたり、無視され続けたらとても悲しいですよね

身体もあなたと同じように感情があります。

カラダが貴方に「それは危ないよ!」と警告をしたときにこういった否定的な反応をされると、カラダはショックを受け、どんどんストレスが溜まっていきます。

それでも貴方が自分の願望を優先させていると、貴方は身体の声が全く聞こえなくなり、身体はいずれ警告もできなくなるほど弱っていきます。

身体の免疫力や自己治癒力が落ちていけばどうなってしまうかは皆さんも良くご存知のことと思いますが、身体の声を無視することで、確実にそれらの結果を招くことになります。

恐ろしいですね

どんなに身体が優秀であっても、貴方が身体の声を素直に聞いてあげなければ、心身の健康を維持することはできないのです。





それでは、実践編に入りましょう。

まずは先程の質問でのシチュエーションのように、日常生活で自分自身に向けて発している心の声(身体の声ではないですよ)を意識して聞いてみてください。

よーく耳を傾けてみると、めげそうなとき、失敗したとき、うまくいかなかったときに

「なんでこうなっちゃうんだ」「だめだ」「何してるんだろう」「我慢しなきゃ」「まだまだ出来る」「どうしてできないんだ」「アホか」「なんてバカなんだ」といった、ネガティブで冷たく厳しい言葉が多い事に気付くはずです。

それをすべて、「それで良いんだよ」「よくやった」「すごいじゃないか」「頑張ったね、ありがとう」というねぎらいや肯定の言葉に変えてみてください。

そして身体の声が聞こえたときは、願望を抑えて直感に素直に従ってください。

とにかく、貴方の感じたまますべてを認めてあげるのです。



たとえばダイエット中でも、自分の欲求がコントロールできなくて自暴自棄になっているときも、まずは身体の声を受け入れてみてください。

なにかを食べたくなったら、頭ごなしに「ダメ!」と気持ちを押さえつけず、「じゃあ食べよう」と思ってみてください。

不思議ですが、食べようと思った時点で、もしくは少量を食べた時点で、身体の欲求が満たされます。

一瞬でも認めてあげれば、身体は満足するのですね。

私は、これで何度もストレス太りを回避しました

そう、実は、身体の声を聞くことがストレス解消にも繋がるのです

       *********************************

こうして、皆さんは気づかないうちに身体と対話をしています。



あなたが何かを思うとき、それがあなたの心の声(あなたの願望)か、身体の声(あなたの感性)かをちゃんと感じ分け、後者に反応できるようになれば、貴方の直感はどんどん冴えていきます。

どんなに高感度のセンサー(身体)を持っていても、それを受け取る貴方が鈍感であれば何の意味もありません。

まずは、ふっと頭をよぎる思いに耳を傾けてみてください。

(アンドウマリコ)

|

2008年3月14日 (金)

原宿での一日

こんにちは。

お久しぶりです

今日はwhite day ですね~

『モテモテで困ってしまいます』とか言ってみたいのですが・・・・・・・・・・・・

バネはvlentvine day に誰にもあげていないので、もちろん誰からももらえませんでした

皆さんはどうでしたか

ところでバネは今日始めて原宿の町を歩きました

アンシャンテでバイトし始めてもうすぐ一年にもなろうというのに初めてというのは我ながら呆れますいつもは駅とスタジオの往復だけです

原宿に来た主な目的は cafe de pou というパニーニ専門店 に食べに行くこと

裏通りにありお店は小さいのですが、パニーニはボリュームたっぷり

かなり満足感が得られます

パニーニはもちろん美味しいのですが、バネ的ツボは店中いたるところにブタさんグッズが置いてあることです

ブタさんグッズが大好きなバネにとって、とてもテンションのあがる空間なのです

食べ終わって満足したところで、次はラフォーレに入ってみました

入り口からエレベーターで5階までいっきにのぼって全ての店をみながら階段で降りてきました

気になったお洋服もいくつかあったのですが、結局何も買わずにラフォーレを後にしました

原宿に来たからにはということで、竹下通り にも行ってきました

しかし100mくらい進んだところで

『ここは私たちのような人間が来るところではない

と気づき、逃げるようにして竹下通りを引き返しました

なにやら体力的にも精神的にも疲れたので駅前の喫茶店でお茶とデザートを食べて少しのんびりしてからバネはアンシャンテのバイトに向い、一緒に来た姉は帰宅しました

姉も私も原宿まで来ても何も買わずに終わってしまった

結局のところ『色気より食い気なバネなのでした

次回はもう少し頑張ろうと思います

食事も出来るし買い物も出来るこう考えると、アンシャンテはとってもいい場所にあるんですね~

皆さんも食事、買い物ついでにアンシャンテでレッスンなんていかがでしょう

お待ちしてま~す

それではこの辺で

|

2008年3月13日 (木)

★好きな季節★

みなさんこんにちわ!!2週間ぶりのMIOです

早いもので3月ですね~昼間は、随分あったかくなってきました~あったかいとテンションもあがって、良い気分デス

私は、夏が大好きなので、今からあったかくなって、暑くなっていくシーズンはかなりテンションあがりまくりデスっ

みなさんは、どの季節が好きですか~

「春が好き~」って今、心の中で答えてくれたかた、「あなたは春生まれではないですか~

私の統計によると、「人間は、生まれたときの季節が、好きなのです」不思議なもので、今まで、私が聞いた人ほぼ全員そうです。冬生まれの人は、冬が好きなのです。寒いのに・・・って、夏好きの私からすると・・WHYっと思います

私は、8月生まれです。だから、8月の季節が一番好きです好きな食べ物もスイカとカレーです(カレーは季節は、関係なかったですけど・・・笑)

多分、みなさんも、生まれたシーズンが好きではないですか~

それでは、そろそろ締めの文章に・・・笑。

夏に向けて、より気合をいれて、BODY MAKE頑張りましょ~では、今日はこのへんで~またアンシャンテでお会いしましょ~

       (投稿者:MIO

|

2008年3月11日 (火)

韓国料理

皆さんこんにちは!

花粉症で大騒ぎのシーズンがついに到来ですね~TAMTAMは花粉症にかかったことがなかったのですが、今年の春先、ときたまくしゃみがでるので、これはもしや・・・! というわけで、とりあえず今は外出時、マスク大作戦で頑張っています 笑 ・・・はっくしゅん!!

さてさて今日はちょっぴりグルメのお話です。

先日お友達と一緒に、都内の某韓国料理のランチに行ってきました。エスニックやアジアの香辛料のきいた料理を食べるのが趣味の1つの私、久々の韓国料理にワクワク!!

いつもエスニック料理などは、お店の人にメニューの説明をきくこともありますが、冒険心から野性のカン勢いで食べ物を選びます。あとは「名前が一番長いメニュー」などというトンデモナイ思いつきの基準から選んでみることもあります。スリリングです。笑 

韓国料理は・・・お隣の国とはいえ、ハングル語や韓国について詳しく知らないTAMTAM,メニューの内容を理解するので精一杯でした。お店の人に説明してもらっても食べたことのないものをイメージすることは難しいですね そうえいえば過去に、韓国料理やさんで注文したお料理が真っ赤な料理を注文してしまったことがあり、口から火をふいたことがあったような・・・過去の失敗もあり、今回はまさにスリリングなメニュー選びでした。 

この日は友達が韓国のラーメン、私はサムゲタン(?)(日本のスープ粥に似たものです。さほど辛くありません)をいただきました。似て非なる文化の国のご飯タイム、壁にはってあった韓国ドラマのスターたちを眺めながら&友達とおしゃべりしながら、異文化なひと時を過ごしたのでした 店員さんも笑顔で親切、日本にいながらもちょっとした冒険気分でお店を後にしたTAMTAMでした。もちろんお料理は体にやさしい&香辛料がきいていてとってもおいしかったです!!

またどこかでおいしいもの&素敵な時間を満喫したいな~と思いながら”マスク人TAMTAM”、今日も街を闊歩しています。笑 色々気候の変わりやすいシーズンですので、皆様もお気をつけて★

(投稿:TAMTAM)

|

2008年3月 8日 (土)

「身体とうまく付き合う」ってどういうこと?

お久しぶりです☆

冬の着膨れファッションから春の膨脹色ファッションに衣替え…と、いつまでも着ヤセできない予感のバレエ講師、安藤万里子です。

陽射しが日増しに暖かくなってきましたね
季節の変わり目を迎えて疲れや不調を感じられる方も多いかと思いますが、それも身体が新しい季節に備えていつもより活発に
デトックスをしているから、というのはご存知でしたか?
皆さんが春に春らしい服を着るように、皆さんの身体も細胞レベルから春という季節に相応しい身体に変わっていくのですね。

からだは、私たちの想像をはるかに超える複雑な働きをしてくれています。

だからこそ、身体が外環境に敏感になるこの時期に、皆さんも身体の声に敏感になって行動してみてください

普段から身体の声に注意深く耳を傾けていると、身体の微細な変化もキャッチできるようになり、「未病」(※)の時点で病気を予防することができるようになります。

身体の声に素直に反応できるようになると不意の事故も予防でき、怪我も最小限に抑えることができます。

日々のちょっとした変化にも気付くようになれば、小さな事にも新しい発見があったり、驚きや学びや感動があったりと、毎日の生活そのものが感性を育てる素晴らしいトレーニングになるのです

もちろん、感性が豊かになれば、バレエやダンス、そして身体を動かすあらゆる動作や運動の効率がアップします。なぜかというと、

感性豊かな人=身体が感じている「心地よさ」や「違和感」をキャッチできる人

だからなんですね。





一流女優の方から絶大な支持を得ているヘアメークアーティストのIKKOさん。

ご自身のブログで「人間の体はちゃんと愛がわかる」とおっしゃっているように、カラダの声を聞いて美意識や感性を深めている才能豊かな方です。

そんな彼女が、いま巷でハヤリの○圧トレーニングをしない理由はご存知でしょうか?

…簡単です。

一度体験してみて、身体に「違和感」があったからだそうです。

当たり前のようですが、この感覚を微細にキャッチして日常生活の様々なシーンに応用している人はなかなかいないのです。

ハヤリものに流されてしまう人というのは、「実感」よりも「結果」に気持ちがいってしまっています。

「技をマスターする」「やせる」「キレイになる」ということが共通の目的でも、早く、簡単、確実であれば、カラダにとって不自然な手段でも気にならないということです。

ダイエットサプリを大量に摂取したり、無理な食事制限や運動をしたりと、「すぐに効果が出る」「誰でもカンタンにできる」と謳ったダイエット法やエクササイズ、勉強法は長続きしないばかりか、後になってカラダを酷使したツケが回ってきます。

貴方のからだは違和感と不快感でいっぱいになって、必ず何らかの形で爆発してしまうのです。

一念発起して望んだ短期間のダイエットやトレーニングのあとにやってくる理不尽なリバウンドも、いつの間にか慢性化してしまった身体の痛みも、すべて物事への頑張り方を間違ってしまった結果です。

しかしながら、「実感」を大切にしている方は、その手段が自分にとって適切かどうかをまず「カラダの判断」に委ねます。そしてカラダにとって良い方法を選び、無理なく目標を達成していきます。

カラダにもココロにも大きな負担のない、実のある頑張り方です。

ということで、皆さんも「コレいいかも」と良いフィーリングを受けたものがあればまず体験してみましょう。

そして、それを実際にやっているときに身体がどう感じているかに意識を向けてみましょう。

「痛い」のであれば、それが心地よい痛みか、もしくは体をいじめているような苦しい痛みかを、カラダがちゃんと貴方に教えてくれているはずです。

そして体験し終えてから、その日の夜、次の日の朝に、身体がどう感じるか、どう反応するかもよーく確かめてみてください。

筋肉痛なら良いのですが、もし筋肉の変な痛みやつっぱりを感じたら、貴方の身体が「その使い方は間違ってる」と警告を送ってくれているのですよ。

もちろん、これは食べるもの、カラダに使うもの(シャンプー、化粧品等)についても同じです。

貴方の五感をフルに使って(頭で考えちゃダメですよ)、貴方の身体が真に求めているものを見極めてください。

ブランドや見た目に騙されないように気をつけてくださいね。

大事なのはフィーリングです。内側から沸き起こる感情です。…って怪しいアーティストみたいですが(笑)

耳障りのいいキャッチフレーズや広告、メディアの情報、そしてクチコミでさえ、信頼が置けそうでもそれが真実かどうかは疑わしいものです。

何事も噛み締めずに鵜呑みにしてしまうことで、皆さんの優れた感覚がどんどん退化していくのは本当にもったいないことだと思います。

なにより、貴方のカラダが直感的に「良い」と感じることが結果として、貴方にとっても「良い」ことだというのを忘れないでください。





ちなみに、こういった感性を育てるために始めたのが、私が教えている基礎対策(水曜18-19、日曜18:30-19:30)のクラスです。

皆さんが普段どういう風に歩き、立ち、動いているかをまず自覚していただき、自らの「感覚」を頼りにそれぞれの身体に無理のない身体の動かし方を、そしてそれを基礎としてバレエの動きを学んでいくクラスです。

正直言うと、1回の受講では何も得られません。

クラスの内容がどういうものか頭で理解できるだけです。

私が教えている内容、つまりノウハウを知ったとしても、それを自分のカラダで実感できるレベルにならなければ、日常的に使いこなすことも、もちろん人に教えることもできないからです。

なんーて、ちょっと厳しいことを言ってみましたが、

真剣に自分のカラダと、そして人と向き合いたい方であれば、どなたでも大歓迎です





基本的にクラスの宣伝はしたくないのですが、

最近あまりにも消費者を馬鹿にしたようなダイエット効果ばかりを謳うフィットネスビジネスや、流行に便乗した(名前だけは立派な)エクササイズなどが横行しているので、皆さんには間違ったものを見抜くための正しい知識と、確かな感性を養っていただきたいと願い、自信を持って講座を紹介させていただきました。



感性は死ぬまで衰えることなく、育てていくことのできるものです。

完成されたと思っていた貴方の世界は、感性を深めることによってよりいっそう色鮮やかになり、どこまでも広がっていきます。

皆さんの可能性は無限大なのですから、いつまでも希望と好奇心を失わず、カラダとうまく付き合いながら、人生をさらに輝かせていってください





さてさて、次回は「身体の声を聞いてあげる」方法を具体的にお話しますね



(アンドウマリコ)

※「未病」→「自覚症状はないが検査では異常がある状態」もしくは、「自覚症状はあるが検査では異常がない状態」で、放置するとかならず病気になってしまう、病気になる前の状態。

|

2008年3月 6日 (木)

花粉が。。。

     アンシャンテ原宿の皆様、こんばんは。

 講師の前川遥子です。

 昨日は春コ-トを着てみて寒風吹きっさらしの刑に。

 死ぬかと思った。。

                

 今日は劇団S季時代の同期とお買い物に行きました。

 待ち合わせの三時間前に間違って到着してしまい、もう帰ろうか

 と思いましたが、

 同期はいいものです。

 私はス-パ-自分勝手なので、歩くのが早いだのなんだのと、叱られ

 ましたが、楽しかったのでずっとニヤニヤしてました。

 春は可愛い服をきま~す。

                

 (投稿者:前川遥子)

|

2008年3月 4日 (火)

春はすぐそこ!

いかがお過ごしですか?

先日ふらりと散歩がてら、新宿御苑をお散歩していたTAMTAMです。

まだお花の季節ではないかな・・・殺風景かな、と思いながらもこちらに入ったのですが、日本庭園やイギリス式庭園などで構成された東京のど真ん中の庭園は一見の価値あり!&桜の花が少しずつ開花していて、春の訪れを感じさせるささやかな華やかさを満喫しました。・・・そして、カメラを持った人たちがずらりと桜の木を囲んで撮影会をしていました。桜はやっぱり人気者!(きっともう少しすると、桜の周りは陽気な人々&お祭り騒ぎでにぎやかになるのでしょうネ!笑)

そうそう、の花もちらほらと公園で咲き始めていました。紅白の花の色と梅のほのかな香りは格別です。風情を感じる木々の花が咲き始めているのを目の前にして、春ももうすぐそこまでやってきているのですね~と心躍る毎日です♪

                        

★先日(3月3日)、「ひな祭り」ということで、お友達を誘ってTAMTAM主催のひな祭りパーティーを開催しました。

・・・といっても、いつものお茶会が春先ということもあって少し華やかになり、ひな祭りのお菓子やかわいいものを持ち寄り、わいわいするというものでした。やっぱり女の子の行事、みんなでおしゃべりはとっても和みますね次回もみんなでイベントをまた企画しようね!な~んてみんなではしゃぎ、のんびり小春日和なお茶会となったのでした

(投稿:TAMTAM)

|

ぶんたん

こんにちは 080302_231833_3 ニャジラです。

先日、アンシャンテのリラクゼーションストレッチの先生から、受付スタッフの皆さんへと、自然の香りたっぷりの果物をたくさん頂きました。鹿児島と屋久島の果物です。

私は”ぶんたん”という巨大果物を頂いて帰りました。ハンドボールほどもあるグレープフルーツみたいな柑橘系果物です。初めて見ましたが、お化けゆずとでも言いましょうか、その大きさに思わず笑ってしまいました

普通の大きさのりんごと並べて写真を撮りました。

皮からは蜜のような甘い香りを発しており、ちょうど食べごろのようです。

割ってみると中身は白綿が大変分厚く、実(果肉)は思ったほど大きくはなく、ピンクグレープフルーツのような色目です。甘いはっさくのようで、ほどよいさっぱりとした甘味で、大変おいしく頂きました。

厚い白綿部分は砂糖漬けにして売っているらしいですが、私は見たことがありません。

砂糖漬けは、太りますから。。。やはり、やめておきました。

塩もみして漬物か、刻んでサラダに和えてみようかしら・・・と考えています。

とにかく、無駄のない果物、見た目だけでなくご立派な果物でした!

ご馳走さまでした。 

投稿者 ニャジラ 

|

2008年3月 2日 (日)

楽しみな場所☆

おはようございます。RIEです♪ 


昨日は久々に「オープンハウス」の見学に行ってきました


!!・・あ!!!

。。お家を買うわけではないですよ〜・・ちょっとした趣味なんです


新しいお家やマンションの何もない部屋を見て勝手にこの部屋はこうして・・とか

いろいろ考えるのが結構好きなんです〜♪

いろんな建築家さんの作品を見てきましたが、今回見た作品はすごく感動しました。

コンクリート建築の「オーナーさんの音楽室付き自宅とマンション」

自宅にプチコンサートができる演奏室があるって素敵ですよね☆

ものすごく素敵で住みたくなりました。。(遠い目。。

とっても窓が沢山あって自然光がたっぷりいい刺激を受けられた1日でした

気持ちがリフレッシュできると1週間の始まりもいい気分です

今週も楽しくレッスンしましょう〜

そして、お知らせがあります☆

3月の「臨時レッスンのお知らせ」です

3月20日

     11時15分〜 バレエ入門・初級 ☆〜☆☆
     
     12時45分〜 リラックスヨガ  


お時間あったら是非いらしてください一緒に気持ちよく体を動かしましょう!

お会いできるのを楽しみにしています

(投稿者:RIE)

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »