« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月25日 (金)

止められない、止まらない♪

止められない、止まらないこと。

それは、電車の中での「お昼寝」。

この時期寒いホームで電車を待っていると、

電車に乗り込んだ瞬間の暖かさにうっとりしてしまいますよね。

先日、生まれて初めて寝過ごすという経験をしました。

私は中学生の頃から電車通学しているので、相当長い利用歴を持っているのですが、

これまで一度も寝過ごしたことはありませんでした。

その武勇伝が、つ、つ、ついに打ち砕かれました!!!

降りる駅の1つ前でハッと目が覚め、あと一駅だから起きていようと心した瞬間から記憶が跳んで、

次に見た景色は降りる駅の隣の駅でした。

何でしょう。戻る面倒臭さというより、むしろショックでした。

更にシートの暖房で、太ももが軽い低温火傷みたいになっていました。

恐るべし、電車の昼寝。

|

2008年1月24日 (木)

☆勉強会☆

みなさん、こんにちわ!!MIOです☆
お正月に、実家に帰ったときに、母と、健康食品の会社が開催する勉強会とやらに参加したときの話を書こうかな~って思います。
ぴかぴか(新しい)
内容の大半はその会社の製品で病気が治ったとか病気の予防になるといった話。
なかなか興味深く面白かったデス晴れ

特に興味深かったのは、『ストレス』についてのお話ですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
ストレスには悪いストレスと良いストレスがあるそうですぴかぴか(新しい)それらは健康にも大きく影響するようですわーい(嬉しい顔)

まず、悪いストレスとは…自分を責めることで発生するものあせあせ(飛び散る汗)だから講演していた方は『自分に甘くでいいんですぴかぴか(新しい)悩むときは10分以内でぴかぴか(新しい)
と、言われていましたわーい(嬉しい顔)

そしてそして良いストレスとは…『恋をすることハート』だそうですぴかぴか(新しい)しかも『片思い目がハート』これが1番健康にイイコトだそうですわーい(嬉しい顔)

他にも為になるお話を沢山聞けて楽しかったですわーい(嬉しい顔)
人の話を聞くのは結構好きだから(興味なければ全く頭に入らないけど…笑)いろんな人の話しを聞いていきたいと思いましたわーい(嬉しい顔)

いろんな人とコミュニケーションをとることで、新たな発見をして、自分を作り上げていきたいナ、と思う今日この頃デス…るんるん
                 (投稿者:MIO)

|

2008年1月21日 (月)

あるバレエ発表会の楽屋裏

冷えますね。猫は寒いのが苦手。ニャジラです。
先日ある子供のバレエ発表会のお手伝いに行ってきました。
出演者は30人のこぢんまりした会。当日は朝から、ウォームアップ、メイク、衣裳、舞台稽古、駄目出し・・・、と大変です。

私はメイク手伝いと、会場アナウンスもすることになりました(冷汗)。

メイク室に子供が順番にやってきます。3歳の子供でも、メイクをしてもらう時はきちんと 
「お願いします」  「有難うございました」
のご挨拶をします。言い忘れちゃった子にはこちらから、「何ていうのだったかな?」と促します。マナーもしっかり学びます。
みなつるんとした綺麗な素肌ですが、舞台メイクが仕上がると、きりっと映え、日常ではなくなります。
                                      
                 
男の子が一人いました。
 「踊りはばっちりだよ」とおどけ混じりに豪語し、頼もしい限り。
何度もメイク室に「口紅とれちゃったあ」と、付け直してもらいに現れ、人懐っこくて、ちょっとした人気者でした。

             
朝、急にお熱を出してしまった少女もいました。
風邪の季節ど真ん中ですし、緊張もあるでしょうから、一人位具合悪い子供が出ても仕方ありません。
でも、本番に間に合うようにやってきました。ややふらついていましたが、せっかく練習を重ねてきたのだから気持ちはとっても出たかったのだと思います。
お母さんが付き添いながら、がんばってメイクをしてもらい、衣裳つけて何とかスタンバイ。
そんなこんながあり、あっという間に 本番。


舞台袖に私もスタンバイ。アナウンスなんて、どうしよう・・・
いや、そうだ、中学の時の野球大会でうぐいす嬢をしたことがあるゾ!大丈夫。
と、覚悟をきめました。
何しろ今のお子さんの名前は個性とバラエティに富んでいますから、一人一人、読み方を確認し準備万端にし気を引き締め、臨みました。
何事も経験!楽しく勤めさせて頂きました。



次から次へと照明・音楽・場面が変わり、踊りは滞りなく展開し、
無事終わりました。

終えて思うこと
生徒の皆が主役、生徒達が輝く、気持ちの良い、幸せな気分になれた発表会でした。
先生の、愛情と我を忘れるがごとくのご尽力、ご父兄のお手伝い、関わった全員の協力ではじめて成功するのだと改めて、感じました。そのほんの一員であったことが誇らしくなりました。

投稿者 ニャジラ

|

2008年1月19日 (土)

カラダに「無駄な力」入っていませんか?

寒さも厳しさを増してきましたね。 皆様いかがお過ごしでしょうか?

この時期になると重ね着のしすぎで首が回らなくなる寒がり講師の安藤万里子です。

冬はファッションより防寒を重視してしまう私は、服を着ている、というより服に埋まっている、という表現がピッタリな気がするんですよね…。



さて、最近は冬でも薄着の方を多く見かけますが、「寒い」と感じることはカラダが「命の危険」を察知するということです。

長時間寒さにさらされると…

★体温を保つために身体が脂肪を大量に吸収して体内にため込むようになり、太りやすい体質になっていきます。

★筋肉は緊張して骨盤や背骨は歪み、神経や血液、リンパ液などが圧迫され循環が悪くなって、肌も色ツヤがなくなっていきます。

★ホルモンの正常な分泌が妨げられ、月経時の痛みや冷え性の原因となります。

なんだか大げさに聞こえるかもしれませんが、これは全て身体の内部で実際に起こっていることです。

そして、目に見える場所にハッキリ出てくる症状や痛みで判断できるレベルというのは決して「予兆」ではなく、身体が「助けて~」と信号を送るくらいヤバい状況なのです。

毎日お肌のお手入れやダイエット等、キレイになるための努力をしているのに報われないなぁ…と感じている方は、そういった

「身体にストレスをかけない努力」

をするよう心がけてみてください。

目標を実現させるためには、カラダとの対話(→身体が違和感を感じることはしない、ということ)がとても重要なんですよ。



…というワケで、寒さと戦うためにカラダが「無駄な力」を使ってしまう事のないよう「寒くない」と感じる程度に着込むのはとても大切なことなんですね。

がんや生活習慣病、原因不明で治療法が確立されていない現代病が蔓延している今の世の中、「予防医学」を重要視する動きが徐々に高まっています。

難しいことはさておき、これも立派な万病予防になりますので、明日から皆さん、私と一緒に着膨れてみましょう!



えー、前置きが長くなってしまいましたので、今回はカラダに「無駄な力が入ってしまう」とはどういうことかを簡単にお話ししますね。

冬は肩こりや腰痛などに多くの方が悩まされる季節でもありますが、これも「無駄に力が入ってしまっている」状態ですよね。

治療のために評判のいい病院や整体、マッサージや針灸に通うものの、どれも結局は対処療法のため一時的にしか痛みが緩和されず、通院の努力もむなしく気が付いたら持病のようになってしまったり、悪化しすぎて筋肉が石のように硬くなり、神経が麻痺して痛みも感じられなくなっている方もいらっしゃると思います。

ここで衝撃的な事実を一つ。

身体の一部分がガチガチに緊張してしまうのは、そのまわりにある骨や筋肉、関節、内臓などのストレスがかかっている場所を身体が無意識に守ってくれているからです。

いわゆる「生体防御反応」と呼ばれているものですね。

肩こりの人が肩を、腰痛の人が腰を一生懸命マッサージしてほぐしても治らず、すぐにまた硬くなってしまうのはそのためです。

実は、「無駄に入っている力」が、宝石を守るガードマンのような役割をしているのです。ガードマンをいくら攻撃しても宝石は手に入らないどころか、警戒が高まってガードマンが増員されちゃいますよね。

では、どこに根本の原因があるのでしょうか?

ズバリ、「カラダの間違った使い方」です。

カラダの癖に気づき、正しい体の動かし方を習慣づけることで「無駄な力」はどんどん緩んでいきます。まずは信頼できる治療師に全身の歪みを正してもらい、その状態を維持するために「カラダの正しい使い方」を学び、実践していきましょう。



…ということで、次回は「カラダの正しい使い方」についてお話ししたいと思います!



ちなみに、慢性的に「肩が上がってしまう」のは状態の悪化した不安定な首や頭を支えていることが多いので、肩が疲れているなぁ…と思った時に、

①片方の手のひらで首の後ろ(頚椎)を5本の指を閉じた状態で包みこむようにして

4本の指手のひらの下の部分で左右から同時にムギュムギュと押してあげる

と肩こりの悪化を防ぐことができます。

親指を使って首まわりをツボ押しするのはかえって骨を歪める原因となってしまい、逆効果なのでオススメしません。



それでは、皆様の心と身体がストレスから開放されるような素敵な週末をお過ごしください♪

(アンドウマリコ)

|

2008年1月18日 (金)

今年の初投稿!!ANNEです。2008年もどうぞ宜しくお願いします。

今年こそは・・・・・と去年から頑張っていることがあるのです。

その成果がもうすぐ試されます。

毎日、緊張して不眠です。。。

でも私、緊張するとお通じが良くなったり、良いんだか悪いんだか。

スタジオの皆様に助けられて一年やってこられました。

スタジオの皆様のお気持ちに応えるためにも、そして自分の夢に一歩近づくためにも

ラストスパートを掛けて頑張ります!!!!!!

ところで、証明写真を撮ったのですが、

「証明写真機」というものは、『身体の歪み発見器』だと思います。

マジックショーの箱に入ったのでは?

っと、疑いたくなるくらい、頭と身体がずれています。

普段、まっすぐに立っているつもり、正面を見ているつもりなのですが、

全て『つもり』にしか過ぎないのです。

今年はダンスを再開し、少しでも歪みがとれたらいいなあ☆

|

2008年1月17日 (木)

☆☆同窓会☆☆☆

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます❤今年も宜しくおねがい致します。

みなさん、お久しぶりです。MIOです。みなさんは、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?!

私が、今年のお正月で1番楽しかったというか、印象深かったことはことは、同窓会です。

地元熊本で、中学の同窓会があり、同じ学年の友達120名集まりました。私は、年に2回くらいは、実家に帰り、中学時代からの仲の良い友達とは、たまに会っていましたしか~し、こんなに大勢の人が集まるといは、・・・びっくりで・・・誰が誰だかわからない状況でした。。。

中学時代モテモテのかっこよかった男の子が、・・・・残念な感じになっていたり・・・(笑)

中学時代は、おとなしくてぱっとしなかった子が、かっこよくなってたり、かわいくなっていたり・・・びっくり大事件って感じでした☆☆☆

同窓会が終わってからも、しばらくは、実家にいる間、仲良い友達と会ったりしているときは、中学時代の話でもちきりでした~❤❤

自分の中では、中学時代は、ついこの間のような気がしていました。・・・が、同窓会で、みんなが、大人になっている姿をみたら、時は過ぎているのだな~って実感させられました。月日がたつのは、早いな~って改めて思いました。毎日毎日を大事に過ごしていこう~って思いました。

                        (投稿者;MIO)

|

こんにちは。。

    

  アンシャンテ原宿の皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します(*・0・*)

前川遥子です。  わたくし、趣味が散歩なのですが、先日、電話ボックスの中で大喧嘩している男女をみかけました。

「ああ、防音ね」

と、ちょっと感心しました。いつもだったら遠巻きにニヤニヤながめてるんですが、なんだかシャレにならないム-ドだったので早足で通りすぎました。

でもあんまり、いい光景じゃないです。

こころが折れそうだったので写真集を立ち読みして帰りました。

お気に入りの写真集で、渋谷にでる度に立ち読みしてるので

「もういいよ。あんた、それあげるよ。」

って、いわれないかな~  と思ってるんですが、なかなか。。。

 

           ☆ ☆ ☆

 では、本日はここで失礼いたします。

まだまだ寒い日が続きますが、お身体に気をつけて下さい。(・・)。  

(投稿者:前川遥子)

|

2008年1月13日 (日)

皆さんこんにちは!

TAMTAMです(^^)2008年も宜しくお願いします。

★最近太陽が顔を出す日が増え、さらには日が長くなっていますね。

冬はお天気が悪く、寒い日も多いので

天気がよい週末などは

ワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ =3 

と、ここぞとばかりお散歩に出かけるTAMTAMです♪

★暖かい日中であれば

公園でのんびり読書がてらに日光浴をしていることもあります

鳥の鳴き声を聞いてぼーっとしたり 植物を眺めたり

キレイな空を眺めたり、いろいろ考えてみたり

ちょっとした発見をするのが楽しみで

時間のある日はふらっと静かな場所を歩き回るのが

大のお気に入りなのです。

★この間、ちょこっと某公園近くをお散歩していたら、

やはりお散歩しているおじさまが。

・・・彼がつれていたかわいいワンちゃん・・・

あああ、某会社のCMに出演している「お父さん」犬にそっくりー!!!

白っぽくてつやつやした毛並み、シバ犬独特のけなげな瞳を見て

周りにいた女学生さんたちも

「あ、お父さんだー!かわいい~~~!」

黄色い声でうっかりはしゃいでいるのを見かけました(笑)

(↑小心者のTAMTAMは心の中ではしゃいでいました 笑)

かわいいペットに癒されて

ルンルン帰路へ向ったTAMTAM、ワンちゃんに負けず、

今日も元気にお散歩ロード開拓中です!! 

(投稿:TAMTAM

|

2008年1月10日 (木)

冬日和

こんばんは。ニャジラです。

先日の日曜は川崎大使にお参りに行ってきましたが、とても穏やかな冬日和で、梅が咲きそうな位でした。

冬の晴れを表す日本語として、”小春日和” がありますがこれにまつわるお話を書きます。お暇なかた、読んで下さい!

中学の時の担任の先生は国語の女の先生でした。道徳的な教えなど大変説得力のある熱い先生で、当時から非常に尊敬しておりました。

入学式の日、黒板に「愛」と大きく書かれ

「愛」とはいろんな意味がありますが、人を一人立ちさせてあげること という大切な意味があります。 

と、おっしゃいました。この「愛」で先生が私たちとこれからの1年を一緒に過ごすのだという、決意の宣告だったと思います。

そんな先生でしたが、

ある春の日の全校集会の日、他の先生が「今日は小春日和で・・・」と壇上でお話を始められました。集会が終わり、教室に戻り私の担任の先生が、

「小春日和」は冬のお天気の良い日のことで、春には使いません、と誤りを教えて下さいました。(ちゃんとその先生にもさっきお伝えしたのだと言われました)

!あ!先生が先生の誤りを指摘している!! という点が中学1年の若い私にはやけに印象に残ってしまったのですが、・・・ともかくお陰で小春日和が冬の季語だとしっかり覚えました。

しかし、先日の暖かい日に、ちょっとした文章を人に送ろうと思い、「今日は小春日和の・・・」と書き出そうとして、

「おや、1月は新春というから、もう冬の季語の小春日和は使わないのかな??」

などど、神経質に考えてしまったわけです。

そこで、俳句をやっている知人に聞き、調べました。

「小春日和」は冬の季語でも11月など冬の始めの頃に使い、今頃は冬日和、とか、冬晴 を使うそうです。少しずつニュアンスが違うようです。

ちなみに、俳句では「冬うらら」や「冬麗(トウレイ)」 など、綺麗に使うこともあります、とのことでした。

ふむふむ、難しいですね。

季節を表す日本語は奥が深く、趣がありますね。ちょっと知っていて文章にさりげなく使えると、素敵だな~と思いました。

(投稿者 ニャジラ)

|

2008年1月 6日 (日)

今年もよろしくお願いします☆

 今年初ブログを書きます☆RIEです。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
今年のレッスン始めは、バレエからスタートしました。
昨日の代行レッスンにいらっしゃった方々ありがとうございました(^O^)
2008年も、皆さんと一緒に楽しく元気にレッスンが出来ればよいなと思ってます!!

皆様にとって素敵な一年になりますように・・☆
レッスンでお会いできるのを楽しみにしています♪

〜お知らせ〜
1月15日(火)より、新規バレエクラスが毎週火曜日夕方に2クラス開講いたします♪♪♪
お時間ある方は是非いらしてくださいね☆
(投稿者:RIE)

|

2008年1月 5日 (土)

自分を魅せる方法

明けましておめでとうございます☆

皆さんはお正月をどのように過ごされましたか?

私の年末年始は食べすぎ&飲みすぎで胃も肝臓も腎臓もフル活動…

新年早々、自分に厳しいと言うより、臓器に厳しい人間なんだと知ったスパルタ講師の安藤万里子です。(指導はスパルタではないですよ♪)



さてさて、新春一回目の今日は「自分の魅せ方」についてお話したいと思います。

まずはじめに、自分を美しく見せるには頭のてっぺんから足先まで常に「意識している」必要があります。

可愛くて痩せていれば何でも似合う、美しいからだであればどんな動きもかっこよく見える…というワケでは決してないからです。

だからこそ、モデルさんは服をよく魅せ、ダンサーは動きを美しく魅せる為の身体の使い方を徹底的に学びます。

人に見られる仕事をしていると美しくなる、恋をするとキレイになる、などと言われますが、

それは他人を意識して、自分の立ち振る舞いやしぐさ、姿勢がどう相手に見えているか、また表情や言動のすべてがどう相手に伝わるのか常に「気を使っている」からなのです。

ポイントは『周りを意識』しつつ『自分のやっていることに集中する』ことです。

自分のやっていることがわからなくなるほど周りを意識しすぎたり、周りが見えなくなるほど自分のやっていることに夢中になっては駄目ですよ。

難しいことなので、最初は一つの動作に絞ってトライしてみましょう。

最初は「胸を張って颯爽と歩く」「背筋をまっすぐに伸ばす」などの日常的でシンプルな動きをお勧めします。

①まずは自分の動作を鏡などで確認します。イメージした通りの動きになるまで妥協せずに頑張りましょう。誰かの動きを参考にしてパクっても構いません。

②次に鏡を見なくても、目を瞑っていてもその動作が完璧に再現できるくらい、その動作を繰り返しながら『身体で』覚えてください。

③最後に、自分の伝えたいイメージがその動作で正確に伝わるかどうか、周りの人に見てもらって確認してみましょう。伝わらなかったら動作を修正して①からやり直しです。

④日常生活で『常に』その動作を意識してやってみましょう。



なんだか面倒臭いプロセスですが、この動作が習慣になっていくにつれて、いつの間にか周りの貴方へのイメージが「颯爽と歩く人」だったり「姿勢のいい人」になっているはずです。

実はこんなことの繰り返しが確実に身体の感性を高めていくんですね。

そのうち、身体が「ここはこうしたらキレイに見えるよ」「その動きは不自然だよ」と教えてくれるようになります。

本当です。

いつも身体が発しているメッセージがちゃんと直感で受け取れるようになるからです。

自分の身体に関して超エキスパートのトレーナーが常に傍にいてアドバイスをくれるなんて、最強ですよ…



…というわけで、

バレエのレッスンを通して皆さんにバレエの魅力や身体を動かすことの楽しさ、身体で表現する面白さを知っていただくと共に、

「私の身体ってすごいなぁ」

と皆さんの身体が持っている無限の可能性に気づいてワクワクして頂けるよう、これからも熱心に指導していきます!

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

(アンドウマリコ)

|

2008年1月 4日 (金)

お正月休み

あけましておめでとうございます♪

久々に投稿します。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

皆さんお正月はいかがお過ごしでしたか。

私は年末からお正月3日まで都心からはなれて、例年通り、楽しい家族と一緒にお休みをすごしました。あっという間でした。

1日は地元の神社に初詣(おみくじは 大吉でしたよ~!!) 、2日はお墓参りをして、午後から新しいスポット、有楽町の”ITOSHIA”にはじめて出かけ、夜まで歩き回りました。 

このITOSHIAというスポット、皆さんもう行かれましたか?私は遅れているかもしれません・・が、様変わりした有楽町にすっかり驚いてしまいました。広々と新しく広がる駅前の様子や地下に感激。古くからの果物屋さんなどの一列だけ、お店が残っているのを確認して少し安心。

私の地元からは丸井が撤退しましたが、このITOSHIAにこんな立派な丸井が出来たのですね!

街の多くのショップはお正月セールで賑やかで、とても混雑していて、酔いそうでした。根性がないのか、セールなどの人混みでは、私は”意欲”を失ってしまいます。

お陰でなーんにも買わず、堅実にウィンドウショッピングだけで軽く夕食を食べて無事帰宅。見物だけで大満足。くたくた。

それにしても、丸の内、東京駅、有楽町とここ数年でずいぶん変わりましたよね。以前私はよく銀座・有楽町に出かけましたが、引越しをしてからはもう殆ど行かない街となってしまいました。どんどんキレイにモダンに、スタイリッシュに変わっていって、この辺りすごいなーと思います。 

昔の街並みや重厚な建物が少し懐かしくもなります。私自身、歳とったんだなー。二度と戻せない時の経過を感じます。

本当にどんどん時間は過ぎていきますね。今年も、ぼやぼやしてはいられません。マイペースに地道に一歩一歩大切にやっていこうと、思います。

皆さんも、健康で実りある良い一年でありますように。

(投稿 ニャジラ)

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »